VectorAcademy
トレーニングセンターを検索します。言語と国を選択してください。

International Website

Visit our international website for courses from this location:
To the international offer

対応するトレーニング施設
言語の選択

AUTOSARベーシック オンライン

車載ソフトウェアの標準規格として広く採用されているAUTOSAR―しかし、その仕様書の量は膨大であり、独力で読み解き、その全貌をつかむのは容易ではありません。特に固有の用語やテクノロジー、従来開発との違いの理解に悩まれる方が、少なからずいらっしゃいます。

 このトレーニングでは、AUTOSAR理解の助けとなるべく、AUTOSAR登場の背景や目的の紹介をはじめとして、AUTOSARで設計する上で確実に理解しておく必要がある、規格で定められているソフトウェアの階層構造やその要素(SWC, Port, Runnable, RTE, 各BSW)を順を追って解説します。もちろん、独特の用語や開発の流れの概要、典型的な導入形態の例についても紹介をしてまいります。

受講の前提条件

> C言語による車載ECU組込ソフトウェア開発の基本的な知識/経験をお持ちであること
> CAN、LIN、FlexRayなど、ご使用になるバスシステムに関する基本的な知識をお持ちであること
> OSEK/VDX OSによる車載ECU組込ソフトウェア開発の基本的な知識/経験をお持ちであることが望ましい
> 本トレーニング受講前にEラーニング「AUTOSAR入門」(無償)、 はじめてシリーズ「はじめてのAUTOSAR」 をご覧いただくことで、概要を事前に学んでいただけます。

コース

22-10-07

(タイムゾーン/Timezone: Asia/Tokyo)

形式:Remote Training

場所:Online

人当たり受講料(税別): 60.000 ¥

言語:日本語

定員:10 名

22-11-02

(タイムゾーン/Timezone: Asia/Tokyo)

形式:Remote Training

場所:Online

人当たり受講料(税別): 60.000 ¥

言語:日本語

定員:10 名

22-11-30

(タイムゾーン/Timezone: Asia/Tokyo)

形式:Remote Training

場所:Online

人当たり受講料(税別): 60.000 ¥

言語:日本語

定員:10 名

 

貴社向けの個別トレーニングをご希望の場合、ぜひお問い合わせください。可能な限り、貴社の都合に合わせた日程をご提案いたします。